6月17日(土)18日(日)

金曜までのTQCに引き続き19日からのTyQI2017にも出るため、土日は暇。その暇を利用して、フォンテーヌブローで登ってきた。 先週パキった左中指がすごく痛いものの、昨年の年末年始の宿題を回収せねば!

最初は様子見で簡単なボルダーを片っ端から登りまくって、そして宿題一つ目の7b+をトライ。
前のフォンテーヌブロー以降、反省して真面目にトレーニングしてきたおかげもあって、普通に出来そう。出来そうなんだけど、パキっている左中指が痛すぎてヤバイ。
これは続けていたら登れるだろうけど、他の課題が登れなくなる、ということで、この課題は最後に取っておくことにした。

その後、もう一つの宿題の7a+へ移動。
これは以前、出来そうで出来なかった課題。今回も、出来そうかと思いきや、やっぱり前と同じところが出来ない。
何度やっても出来ない。仕方がないから想像していたムーブを全部諦めて、前回「これはない」と感じたムーブに変更。するとこの変更がうまくいって、ラストタッチくらいまでいけるように。 あとはヒールフックの位置を微調整しながら登っていると、ついに最後のムーブが解決!(この瞬間から、猛烈な精神的プレッシャーがかかり始める)
残る問題は、体力との兼ね合い。筋力と気力が尽きるのが先か、登り切るのが先か・・・・。
下した判断は「うん、一回ホテルに戻って寝よう」(笑)

そして、その数時間後、因縁の課題に戻ってきた僕は、二回目のトライで、これまで文字通り何十回も落ち続けたパートを抜け、シビアなヒールもきちんと決めて、岩も上に立つことができた。
死ぬほど嬉しいのかな、とか思っていたけど、襲ってきたのは「ようやく登れた」という安堵感。

別に誰かに何かを言われていた訳ではないのだけれど、自分の中では、「自分が今でもきちんと歩み続けている」と証明するために、 この課題は、今日このタイミングで登っておかなければならない、と感じていた。
だから、登り切った瞬間、「ああ、僕はまだきちんと歩いているし、何かに真剣に取り組み始めるには、遅すぎるなんてことはない」って思った。
そんなことを思うためだけに、一体どれだけ努力したんだろう。

その後、撮影した動画を何度も見ていると、じわじわと喜びの気持ちが増していった。
次の歩みに繋げていくために、今度は日本に帰って、小川山のThe Two Monksを登ろう。

あ、もう一つの宿題の7b+ですか?7a+を登ったことで指が限界を超えて、トライすら出来ませんでした・・・・そちらはまたの機会に。

6月14〜16日

Parisで行われたTQC 2017に参加。今年は無事に口頭発表です。
友達も多く参加していて、その繋がりで知り合いも増えて、共同研究も進みそうで、有意義な国際会議だった。

ちなみに、コンファレンスディナーはセーヌ川の川下りをしながら夕食。個人的にはこれまでのコンファレスディナーの中で断トツベストだった。料理もおいしかったし、景色もよかったし、何より友達とたくさん話せた。

6月10日(土)

既に記憶があやふやだけど、多分、この日は小川山へ。

ファンタジー岩
スクープオンサムバディ 3級(前に一度トライした時は「いやー」と思ったけど、岩に慣れてきたのか、数回で登れた。いいスラブ)
ベヒーモス 1級(前回の宿題。今日はよれていないので、数回で登れた)
ゴブリン 3級(ヒールかけて引き付けてロックするだけ。一撃)
ファイナルファンタジー 二段(低空トラバースでやる気をなくして、十五分くらいだけやってやめた)

狸岩
狸寝入り 2級(ムーブを固めたら、後はごり押し。見た目とか下の石とかで大分損している感じの課題)

朱雀門の岩
朱雀門 二段敗退(本日の大目標。ダイノ一発の二段だけあって、何もさせてもらえず敗退・・・秋に出直します)

ビクター岩
The Two Monks 二段敗退(かのChris Sharma初登の二段。豚鼻のホールドの使い方がよく分からず、大分撃ったけど敗退)

ドンキー岩
芋掘り 1級敗退(敗退どころか、一回目のトライで左手の中指をパキるという大惨事。。。半分くらいのパキりだったけど、冷や汗出る感じ)級敗退(敗退どころか、一回目のトライで左手の中指をパキるという大惨事。。。半分くらいのパキりだったけど、冷や汗出る感じ)
緑の手 2級(パキったとはいえ、このままでは帰れない!と一念発起して登る。ルーフのエッジをトラバースする課題で、ヒールとかトーとか使って楽しい)

ウィスキーボトル岩
クラック 5級(トップアウトするの?怖いし、パキった指が痛かったからしなかった。)
6級(パキった指のチェックに登ったけど、痛い気持ちしかなかった)

ということで、ド敗退に輪をかけて指を怪我するという一日。
気分転換にはなったけど、いやーミスった。来週にはフォンテーヌブローを控えているのに・・・。

inserted by FC2 system