後戻
...... 2003年 7月 01日 の日記 ......
■[ NO. 87 ]
教習所、久しぶり  
やはり朝から気怠い一日。

二限と四限の間に、友達と進路の話などしてみるが、全然、何言いたいかが纏まらない。

オチ無し発言しか出来ない。

こりゃ、相当だ。



四限終了後、久しぶりに教習所へ。

最近、油断しすぎて、今学期中にバイクの免許まで取るのはかなり厳しいということが判明。

しか〜し、不可能を可能にする漢はそこから大逆転で取ってみせるのだ!

…と、息巻いてみても、ダメなことはあきらめるタイプの自分は、決して不可能を可能にする漢ではないため、やっぱり絶対無理。

ま、出来るとこまで頑張ってみるが…。



今日の教習はかなりうまくいった気がする。

ぶっちゃけ、何も言われない方が、ゆったりできてやりやすい。

とはいっても、何か言われることで成長していくのだから、言われることも必要だけど。

今日は二回乗ったが、二回目の教官はほんとに何も言わない人で、自分としてはとてもやりやすく、交通ルールも完全に守れたのだが、五十分でした会話は、

「次の信号右」

「次左」

「ガソリン不足のランプが点灯してから50km位は走れるから大丈夫だよ。高速で大体50km毎くらいにサービスエリアがあるから50kmなんだね」
←ガス欠ランプが点灯したから、大丈夫かどうか確認したときの返事

だけ。

なんて静かな教習だ。

などと思いつつ、運転してました。



というわけで、なかなか気分良く終了。

今日は上機嫌だ!と思って帰ってきてみると、まぁ、お約束通り、ヤなことが。

前から思っていたことだが、やると決められたことくらいはやって欲しいものだ。

忙しくてしんどいのはお互い様なんだから。

面と向かってそのことを言う勇気のない僕も情けないけど…。



というわけで、後はゼミの予習して寝るかな。

明日晴れるといいなぁ。


...... 2003年 7月 02日 の日記 ......
■[ NO. 88 ]
 
みんなもっと来ようよ〜!

朝練に行ってみると、4人しかいないという地獄。

ぶっちゃけ、新制度が一年のやる気もかなり殺いでしまっている気がしないでもない。

そりゃ、上級生が3人しか来なかったら、一年生も来たくないわな(;´Д`)ハァ

こうやって、遅刻常習サークルになっていくのかと思うと、ヤな気分。

ということで、みんな出来るだけ七時半に間に合うように来ましょう!

上級生も一年生もね♪



練習後、実験。

実験自体は2時には終わってしまうという天国だったが、課題を解くのにやや手間取り、終わったのは3時頃。

そこから渋谷に関西遠征のための諸々を買いに行く。

ついでによった釣具屋で、探していたルアーと、探してもなかったルアーを発見。

衝動買い。

友人にも言ったが、東京では釣り場が全然ないため、これを使うのはいつになることやら…。



そして、ゼミ。

脱線しまくり。

眠たくて働かない頭だったから、まぁ、自分としてはそれで良かったけど、最近、ゼミがほとんど役立ってない。

ダメだこりゃ。



と、ダメだしずくめの今日の日記。

僕自身もダメダメだけど…。


...... 2003年 7月 03日 の日記 ......
■[ NO. 89 ]
長距離移動  
朝から成城学園前の教習所。

その後、目黒に筋トレへ。

一旦帰宅して、駒場で練習。

終了後、羽田空港へ。

おそらく、距離にすると恐ろしく長い距離を移動した気がする。

んで、当然の如く、その後、大阪へと行ったわけだから、本当に凄い移動距離だ。

移動するには時間が必要というわけで、実はこの日、大半を移動時間に使っていた気がする。

なんだか事務的な一日だなぁ…。


...... 2003年 7月 04日 の日記 ......
■[ NO. 90 ]
大阪  
久しぶりに実家で起床。

山と自然に囲まれた実家は本当にいいモンだ。

昼頃まで適当に過ごして、昼過ぎから関空の近くにある親戚宅へ。

と、その前に、みんなに色々言われたので、髪を切ってみる。

もう夏だし、短く刈ってみました。



夕方から仕事から帰ってきた従兄弟と一時間ほど、シーバスを狙いに行ってみる。

自分、シーバスはまだ三度目だし、自分の性にあった釣りではないので、何にも考えず、従兄弟の狙っているところを狙ってみたが、だめっぽ(´・ω・`)ショボーン

まぁ、シーバスってのは、そこに魚が回ってきてるかどうかの勝負ってところもあるので、仕方ないか。

さて、明日は関西大会だ。

がんばろー。


...... 2003年 7月 05日 の日記 ......
■[ NO. 92 ]
関西一日目  
ぶっちゃけ、見せ場なし。

やはり流れというものがあるらしく、チーム内で点取る役と、DFに入る役に別れてしまう。

特に弱い相手とやるときはそう。

まぁ、チームとしては、とりあえず圧勝したからどうでもいいんだけど。



色々不安な点はあったけど、明日に期待ですな。



というか、1日2試合しかしなかったから、暇で暇でしょうがなかった。

暇ついでに、虎三さんと遊び試合をやってみた。

勝負に拘らなくていい分、ダミーやバックパスをしまくって、久しぶりにのびのびとビーチフットをした気がした。

真剣勝負ではこうはいかないし、そういう不確実なプレーをするのもだめだということは分かっているが、気晴らしとしてかなり楽しかったぞぇ( ̄ー ̄)☆

と、そう思うと、トリッキーなプレーをし、かつ強いというコットンクラブは凄いモンだ。


さ〜て、明日はどうなるのかな〜?


...... 2003年 7月 06日 の日記 ......
■[ NO. 93 ]
 
準優勝。

決勝で沖縄大会と同じ顔合わせ。

虎三vsBeach Boys

10対0の完敗。

でも、数字以上に接戦だった気がしないでもない。

どっちも悪い試合内容での接戦だが…。

取られた3タッチインは、最後の気が抜けて取られたタッチイン以外は全部、偶然的要素も高い。

しかし、こっちが偶然ですら点を取れなかった、というのを考えると、当然そこには二チームの間に何か差があったということだろう。

それは、勝負の綾ですませていいものなのか、それとも、必然的な何かなのか、全く分からない。

勝負とは難しいものだ。

結局、どんな形であれ、接戦という形になってしまうと、ラグビーキャリアを築き、幾つもの修羅場をくぐり抜けてきた人たちに分があることは否めない。

もしかすると、今回の敗戦も、そういった、些細なことだったのかもしれない。

なんだかんだ言っても、ビデオを見直して検討してみないことには全然わかんないけども…。



と、チーム結果はここまでに。

自分的には一日通じて最悪だった。

第一試合で完全に自信を失い、それは回復されぬまま、何をやっても失敗する気しかしなかった。

4月からの自信喪失に輪をかけて、すでに自信崩壊。

全国大会までに少しは回復すればいいが…。



夜、親戚宅で夕飯を頂いてから、東京へ戻る。

戻ったら戻ったで、また嫌なことが。

BFでは自信を失い、家では姉弟の肉親に対する考え方の違いをまざまざと見せつけられ、本当に嫌な一日だ。


...... 2003年 7月 07日 の日記 ......
■[ NO. 94 ]
 
疲れた。

本当に疲れた。

ビーチフットでも日常でも、疲れた。

考えれば考えるほど、疲れる。

こういう時にやることは決まっている。

考えるのをやめて、行動あるのみ。

考えても考えても悪循環なら、考えるのを止めることも必要。

考えるのをやめて、今やれることをやっとけば、道が拓くこともある。



そうそう、書くのを忘れていたが、関西大会では、ビーチボーイズの一年生が大活躍!

初の大会でベスト12というのは、末恐ろしい人たちだ!

関東大会でも、思いっきり頑張って、是非全国大会への出場権を手に入れて欲しいものですな。

まぢで可能性はあると思うんで、あと3週間、頑張ってみてくださいな!


...... 2003年 7月 08日 の日記 ......
■[ NO. 95 ]
再来  
腰が、痛い。

と、いっても、今回はただ単に冷えただけっぽいから、温めればすぐに治るだろう。

まぁ、腰ネタについても、ふくらます余地はあるのだが、書いても愚痴になるだけだし、書いてて余計悲しくなってしまいそうなので、やめておこう。



朝から生真面目にも数理科学Tに出てみる。

なんだかんだ言って、数理科学Tはかなりおもしろい。

おもしろいからこそここまで続いたのだが、実は最終回の来週は、教習所に行かねばならないため、出れなかったり。

残念だ。

が、ぶっちゃけ、先生はあまり好きではなく、内容がおもしろいので、後で友達にノート写させてもらうか。



昼飯に、友人が友人から貰った、辛子明太をあてに、ご飯を食べまくる。

やっぱり、本場福岡の明太は違うこってす(;゚∀゚)=3ムッハー



その後、4限に出てから教習所へ。

大分慣れてきて、もう、一人で運転しても安全なくらい安全だ。

と、そういう慢心が事故を招くので、注意注意。

自信過剰気味の自分としては、決して油断はならないところ。

自分で事故って、自分が傷つくだけならまだしも、他の誰かが傷ついてしまうと、寝覚めも悪いしね。

というわけで、次からは所内で駐車の練習。

今まで習った運転技術は簡単だったけど、これこそ難しそうだなぁ…。

ちなみに、運転があまりうまくないと評判の父は、恐ろしいことに、左右20cmほどの余裕しかない、自宅の車庫に余裕で車を入れます。

つまりは、結局慣れと言うことですな。

でも、免許取った後に、自宅の車庫入れに慣れるまでどんだけかかるんだろう…?



んで、家に帰ってきてから、悲し〜くなることもあったりしたが、そこは昨日の如く深く考えず、あっさりと流して、リスニングのお勉強。

ありがとですよ、T中さん。

リスニング力も落ちていることが判明。

そろそろまじめに英語力も鍛えていこうかな。


...... 2003年 7月 09日 の日記 ......
■[ NO. 96 ]
 
おかしいぞ?

異常だ。明らかに異常だ。

昨日と一昨日、普段の倍以上のアクセス数があった。

一昨日は分かるとしても、昨日は何でだろう?

まさか、これは例のチームが到来したのか??





なんてことはまずもってあり得ないのですが、このHIT数にはビックリ(;゚∀゚)=3ムッハー



朝から練習へ。

いつも通り、5時半に起きたのですが、いろいろ考え事をしている内に遅刻!地獄...

以前の日記に、あんなに偉そうに書いておきながら遅刻するなんて、最低。

以後、気をつけますm(_ _)m

本当に、すんまそん。



練習自体は、久々に楽しみながらプレーすることができた。

と、その分、ミスも多かったが、その辺りはご愛敬。

ちなみに、最後の練習がいたく気に入った。

自分は、前投げがうまくないので走るonlyだが……(中略、考えすぎだとは思うが)……すれば、おもしろいようにマークが外れることが判明( ̄ー ̄)☆

もともと、UぽんさんがDF強化練として提案した練習だけど、いわゆる「有効な前走り」の練習にもなった気が…。

多分、自分はこれから前に走ることも多くなると思うので、そういう技術も磨いていこう。



その後、ミーティングへ。

当初の予想では、阿鼻叫喚の地獄絵図になるのでは、と思われていたが、意外にも落ち着いた雰囲気の中で行われた。

関西大会のビデオを見ると、(これは予期していたことだが)細かいミスも含めると、かなりの数のディフェンスミスがあった。

まぁ、言い訳になってしまうだろうが、関西大会二日目は、第一試合の初めのチェンジミスで完全に自信を失ってしまっていたため、チェンジすべきかどうか、その後の試合で迷いまくった、というのもある。

と、理由はともかく、抜かれたのには変わりないのだから、今後、そういうことのないよう、チェンジを的確に出来るよう、頑張ります。

…簡単に出来ることではないけんど。

ぶっちゃけ、自分は1対1の弱さよりもマークやチェンジミスがやばいのではないのか?と思う今日この頃。

意識して練習すれば、その辺りは直るかなぁ??



ミーティング終了後、沖縄大会のビデオを見る。

自分も、かなり重要チックに写っていましたよ。

TのKさんに一人前投げで華麗に抜かれたシーンが…。

見事な引き立て役ですな(;´Д`)ハァハァ

沖縄では引き立て役になってしまいましたが、全国ではそうは問屋が卸しませんぞ!



その後、みんなで図書館でお勉強♪

と見せかけて、自分は寝る。

あそこ空気悪すぎだって。

途中で抜けて、教習所へ。

今日は縦列駐車などをやったが、あんなの意味あるのだろうか?

これが見えたらハンドルをこれだけ切って…、そんなの意味ナッシング!

全く実際の場面では通用しない気がします。

まぁ、やらないよりはましか。



というわけで、今は帰宅して英一勉強中。

これだけやれば良は来るだろう。

と踏んで、もう寝ようかな??


...... 2003年 7月 10日 の日記 ......
■[ NO. 97 ]
英語壱  
朝から英Tの勉強をしてから試験へ。

普通に良狙いだったので、勉強もあんまりしなかったのだが、猛烈に簡単だったので、これは優いったかも…。

終わってみると、雨が降っていたので、練習は中止。

筋トレに行こうかとも思ったけれど、やる気が起こらなかったので、帰宅。

たまには珍しくHPをいじってみる。

途中で消してしまうという地獄もあったが、無事更新。

本当はトップページもちょっといじりたかったけど、うまくいかないからまた今度♪



ちなみに今日から3日ほど、親が来宅。

ほんとに、この下宿に引っ越してから、というか、ここ2週間ほど、家では悲しく鬱なことしかなかったので、久しぶりに賑やかで、家族ってもものを感じられていいモンだ。



さ〜て、明日は一年練行きますぞ!


...... 2003年 7月 11日 の日記 ......
■[ NO. 98 ]
衣替え  
朝からHPを引き続きいじってみる。

一回いじり始めると止まらないのは、HPの魔力とでもいうべきものか。



昼から、筋トレ。

トレーナーの方に、

「筋肉柔らかくなったね」

と言われる。

自分的にも、肩周りはかなり柔らかくなった気がする。

おかげで、前投げの飛距離が伸びたような、伸びてないような。

まぁ、前投げの下手くそな僕が試合でロングを投げることなんて絶対ないし、それどころか、肩が痛いので、出来るならロング前投げはしたくない。

でも、とりあえず、今までより弱い力で飛ぶようになった。

よかべよかべ( ̄ー ̄)☆



その後、一年練へ。

あまりの暑さと湿気に、初めからかなりやる気なし。

ちょうど余っていたので、スナッパーしながら、みんなかなりうまくなってきたなぁ…と思いながら、ノホホーンと見ている。

と、すると、悪魔のように佐藤がやってきたので、人数が完全にあっちゃった。

体を動かしてみると、やっぱりべとべとして気持ち悪い。

そんな中、順調に練習をこなし、最後に6−1−6の試合。

自分を含めて、皆さん集中力が切れていたのか、特にDF面でのミスが目立ちましたな。

でも、攻撃面は、当初と比べると別人のようにうまくなっていると思うので、関東大会もこの調子で頑張ってくださいな♪

ただ、やっぱり気になるのは、パススキル。

出来る人はより遠くまで、早く飛ばせるように努力して、まだあまりうまくない人は、きちんと出来るようになるよう努力しましょう。

やっぱり、ビーチボーイズが圧倒的に他チームに劣っているものの一つは、パススキルだと思うので、一年の内から、それを意識して頑張ってください。

練習終了後は、一年生とダベリながら、ゆるゆると。



帰ったら9時前で、そっから飯喰って、更にHP更新してみる。

んでも、まだ終わらないので、また今度ですな。


...... 2003年 7月 12日 の日記 ......
■[ NO. 99 ]
平塚練  
朝から地獄級にしんどかった。

体が重かった。

こりは体重が増えたのか……なんてことはあり得ないので、きっと体調が悪いのでしょう。

悪いなりに、乗り切ってみる。

乗り切れたかどうかは、自分が判断すべきところではないが…。

ただ、この日は基本的に全試合しんどかった。

疲れだなぁ…。

更に、今日は多チームが来ていたため、試合間隔がとてつもなく空いていた。

精神的にも疲れるや。

その分、交友を深めることができて良かったが。

練習自体は、うまくいっているところもあれば、うまくいかないところもある。

でも、やっぱりミスの多さが気になる。

自分も含めて。

会長もいつか言っていたように、勝負というのはしばしば、ミスによって決定してしまうものだと思う。

あと2週間で、出来る限りミスを減らすと共に、うまくいかないところを直していきましょう。

目指せ、全国制覇。

本気になっているCanonと如水庵を見て、更に身が引き締まった次第であります。



今日は疲れたなぁ〜…。


...... 2003年 7月 13日 の日記 ......
■[ NO. 100 ]
BR  
朝9時から教習所。

昨日は疲れたというのに、朝6時半起き。

疲れは溜まる一方。

疲れも、ところてんのようにある程度溜まれば一方から出ていってくれればいいのに。

と、訳の分からない愚痴はおいておいて、教習所後、筋トレへ。

予想に反して、ハムストは堅くなっていなかったが、アウターがかなり堅くなっているようだった。

渋谷をうろちょろした後、学校へ。

自分は受けない科目のシケプリを一生懸命作る。

作る。

作る…。

Σ(゚д゚)

友達にノート貸しているから途中までしか作れない!

仕方がないので、中断。

本でも読む。

閉館まで残ってから、家に帰っても本を読む。

本を読む。

愚作。

自分は、かの問題作、バトルロワイヤルが結構好きだった。

社会的にはかなり問題のある「殺し合い」をテーマにしているに関わらず、変に何かを訴えるわけではなくあっさりと読める辺りが好き。

勿論、読者を引きずり込む文章力も素晴らしい。

問題提起としても、暇つぶしとしても、いい本だと思う。

んで、それにつられて今日読んだ本は、バトルロワイヤルU。

実は作者が替わっている。

設定も多少替わっている。

こうだこうだと訴え過ぎて、むかつくしおもしろくない。

変な部分だけ(例えば死体の描写など)を濃くしていて、前作のいいところは全く踏襲していない。

やはり、映画の続編として書かれただけのことはある。

人によって評価は分かれるだろうが、というわけで、僕はBRUは嫌い。

映画も当然、見に行くつもりはない。

Tもこれからも、見る予定はない。

やっぱり、原作が一番だ。

と言い切ってしまうのも憚られるが、この場合、かつ、僕としては、そう思う。

そんなわけで、最近、いい続編に出会ってないなぁと思った日曜日。


...... 2003年 7月 14日 の日記 ......
■[ NO. 102 ]
ウイイレ  
夢を見た。

ラーメンを食べていた。

百さんと曽田さんと佐川が確実にいた。

不確かだけど、たいせ〜もいたと思う。

荻野さんはいなかった。

ラーメンを食べながら雑談してた。

ラーメンがうまかった。

ということで、朝起きた時点から晩飯はラーメンに決定。

大学に行くも、ドイ語に出る気にはならなかったので、本屋をぶらぶらし、その後、複素関数でもやってみる。

その後、友人と話をして、ついでに友人宅へ。

延々とウイニングイレブンにはまる。

全然だめで、わずかに1勝しか出来なかった。

3の時はかなり強かったのになぁ…。

まぁ、でも、最後には自分にぴったりくるフォーメーションが見つかったのでよしとしよう。

つまり、

3トップ、ボランチの攻撃レベル最大。

超攻撃的布陣。

攻撃には6人が参加。

中盤ノープレス。

相手がカウンターを狙っていなくても、全カウンター状態。

その分、攻撃では常にこっちの人数がオーバーラップ。

攻めやすいのなんの。

点はいりやすいのなんの。

点入れられやすいのなんの。

15分ハーフで、両チーム併せて10点以上は入るという、乱打戦。

こういうサッカーはおもしろい。



その後、朝の誓いの通り、ラーメンを食べに。

そこそこおいしかったけど、そんなにおいしくなかった。

まぁ、夢にはかなうはずもない。



結局、練習中止で空いた時間が、全てウイイレに費やされてしまった。

反省(´・ω・`)ショボーン



...... 2003年 7月 15日 の日記 ......
■[ NO. 103 ]
晴れ  
朝から教習所。

いよいよ、佳境。

どうにか車の免許は今月中には取れそう。



終わってから学校へ。

化学を受けてから、帰る。

千駄木に着いてみると、久しぶりに空が晴れている。

本当に、久しぶりの青空な気がする。

清々しい。

こういう日は、自然に囲まれて釣りでもしたいものだ。

とにかく、早く梅雨明けして欲しいものである。



夜はオールスターを見て過ごす。

自分的には、速球勝負をする人が好きなので、松坂とかが出て欲しかった。

が、それはおいておいても、結構楽しい勝負。

やっぱりカブレラはすごい…というか、化け物。



オールスター終わってから、自分は受けない科目のシケプリを作る。

ぶっちゃけ、受けたら余裕っぽいが、時間の無駄なので受けない。

後で問題だけ貰って暇な時に解いてみよう。

ということで、受ける予定っぽいK・T両人、よろしくお願いします。

さ〜て、明日は朝練頑張るぞぉ。


...... 2003年 7月 16日 の日記 ......
■[ NO. 104 ]
一時の感情は時に判断を鈍らせる  
朝起きると、遅刻寸前の時間。

寝坊するということが、少なかった僕だけど、最近少し多い気がする。

疲れているのか、怠けているのか。

まぁ、どっちにしろ、早く直そう。



結局、いつも通りの電車に乗ることが出来て、いつも通りの時間につくことが出来た。

危なし危なし(;´Д`)ハァハァ



練習終了後、みんなと飯を食って、その後、帰る。

佐川宅に押しかけるという選択肢もあったが、眠たかったので、帰ることにした。

帰ってから、本を読んだりビデオを見たり。

微妙に頭が痛いのは、風邪の前兆か、気のせいか。

とにかく、コンディションには細心の注意を払いませう。








商社の裏には歯医者有り…じゃなかった、

(以下略)


...... 2003年 7月 17日 の日記 ......
■[ NO. 105 ]
 
昨日の記述は、激しく本人の機嫌を損ねたようなので、日記上から削除。

あくまで、僕はやめて欲しくない、という願いを込めて書いたのだけど、気に障ったのは、申し訳ないことです。



今日は10時間以上寝る。

ようやく最近の寝不足が解消された気がするぞ♪

昼過ぎから、筋トレへ。

めちゃくちゃすいていた。

びっくりだ。

その後、練習。

ぶっちゃけ、とめる自信はないけど、とめなきゃならないので、全神経集中してDFします。

練習後、みんなで飯を食う。

自分が昔から得意にしていた、いじりの魔の手が先輩にもおよび始めていますが、これからは多少は自粛しようと思っています…







嘘ですね。当然の如く。

これからもバンバンいじっていく所存でありますΨ( ̄∀ ̄)Ψ

こんなにいじるの、2年ぶりくらいだなぁ…。

以上、いじるの大好き、性悪男の7月17日でありました。

明日も朝から教習所だぁ〜。


...... 2003年 7月 18日 の日記 ......
■[ NO. 106 ]
お財布  
朝から教習所。

セット教習で、見知らぬ二人と一緒に乗り込んで、交代交代に運転する。

交通マナーはおいといて、みんな運転下手くそだなぁ。

そんなんじゃ、コップの中の水がこぼれてしまうではないか。

←頭文字Dネタです。分かる人、いますか?

同乗者のストレスを限界まで少なくすることを目的に、日々、教習を頑張っている自分としては、許すまじ行為…というのは言い過ぎだけど、ちょっとなぁ、なんて偉そうに思ってみたり。



一旦、学校に戻って、ドイツ語のお勉強♪

お勉強してから筋トレへ。

電車で行くか迷ったけれど、最近結構かつかつなので、チャリで行くことに。

ついてみると、受付のお姉さんがいない。

更衣室のロッカーは100円を入れないと閉まらないのだけれど、500円玉しかない。

両替もしてもらえない。

ということで、鍵をかけずに筋トレ。





終了





Σ(゚д゚)

財布が盗まれた!

ロッカーを開けてみると、ポケットの中に入ってあったはずの財布がない!

ロッカーの何処にもない!

盗難だ!



そこで機転を利かせた僕は、出入り口を封鎖。

怪しい人数人を集めて言い放つ。

「犯人はこの中にいる!」

展開する非論理的かつ常識に捕らわれまくった非自明なる推理。

その結果、犯人は泣いて自白。

見事、財布さんの命は助けられたのであった…




という、かね田一少年みたいな展開が起こるはずもなく、財布喪失。

とりあえずジムの人にその旨を告げて、外に出る。

クレジットカードやキャッシュカードが入っていたので、親に電話してとめてもらう。

その間に僕は警察へ行って、盗難届提出。

その後、駒場に戻って、大学関連のカードの再発行の手続き。

こうして、2時間以内には、僕の経済封鎖は完了。

結局、被害総額は数千円単位だったので、不幸中の幸い。



しかし、ぶっちゃけ、盗まれた時、全然ショックじゃなかったり。

鍵しなければ盗まれることがある、ということくらい理解していたし、可能性としては僕がその被害者になることも十分考えられる。

ということで、「ヒットしちゃった。」くらいにしか思わなかった現実。

それ以上に、警察に被害届を出している時に、被害届を書く警察官を見て、ちょっと楽しんだり。

普段見れないことを見れたんだから、まぁいいや。



その後、練習へ。

というか、その前に、グラウンド会議があったのだけれど、さすがに行けなかったので、困った時の頼りになる男、佐川裕一に代わりに行って貰う。

サンクスです。

練習後、なんと、状況に同情してくれたUポンさんが飯を奢ってくれるという快挙!

さすが、ビーチフット界に名の知れたナイスゲ…失礼、ナイスガイですね!!

ゴチになりました。



結局、財布はなくなったけれど、貴重な体験もできたし、おもしろくも恐ろしいことも考えついた。

これは、しばらくは物想いのネタになりそうだ。

と、全然懲りてない僕ですが、でも、さすがに不用心だったのは否めない。

盗まれる可能性があると分かっていながら鍵を閉めなかったのは、まぁ、常識的にいって、宜しくないこと。

自分には昔から、危険を察知しつつもあえて対策しないという特徴があるのだけれど、これを機に直して…いけたら直していこうかと…





無理ですね、自分、バカだから頭打っても分からないのです。

まぁ、というわけなので、泥棒さん、大事にその数千円、使ってあげてくださいな♪



とりあえず、今回得たことは色々あるけれど、それは後々手記に書くとして、今日一番の教訓。

財布が盗まれたらUぽんさんに奢ってもらえる!




















懲りない男、中田芳史


...... 2003年 7月 19日 の日記 ......
■[ NO. 107 ]
ふぃらつか  
平塚練。

ほんっとに、来ているチームが多い。

試合数少ない。

端っこの方で細々と4対4などを繰り返す。

結構、そういうのも楽しいといえば楽しいのだけれど。



試合の方はというと、やや不安な内容だった気がしないでもない。

まぁ、さすがにこの時期に手の内を見せまくってくるチームはないので、どちらも力をセーブした状態での試合なので、なんとも言えないが…。

明後日はついに関東大会だ。

といっても予選だけだから楽勝だけど。

ただ、当然ながら油断は禁物なので、今日明日はゆっくり体を休めることにします。

お休みなさい。



一晩あけて付け足し。

平塚に斉藤裕也(漢字はしらん)さんが来ていた。

ラグビー日本代表、フランスのコロミエで活躍するお方。

やっぱでけぇ。

ぶっちゃけ、体中に何か埋め込んでいるとしか思えないくらい胸やら肩やらが盛り上がっていた。

試合は、数試合していたようだけど、全力疾走(っぽい)を見たのは一回だけ。

でも、やっぱり速かった。

多分、気休めで遊びに来たんだろうけど、そういう有名人がどんどん参加したらビーチフットももっとメジャーな競技になるのになぁ…。


...... 2003年 7月 20日 の日記 ......
■[ NO. 108 ]
朝珍事  
朝起きると、姉の代わりに姉の友達がいた。

ありえね〜。

出来るだけ顔を合わせないようにする。

しばらくすると姉が帰ってきたけど、ぶっちゃけ、それまで気を遣いまくりますた。

う〜ん、さすがに本当にありえんだろ。



昼から教習所。

シミュレーターでの高速教習。

こっちもあり得ない。

速度感が全然掴めない。

ブレーキがほとんどきかない。

これは意味ないでしょう。



その後、ドイ語の全訳を貰いに友達の家へ。

貰いついでに、ウイイレで勝負感を養う。

最後の3試合は、引き分け、引き分け、勝ちという、息詰まる熱戦。

こりはかなり勝負運が向いてきましたな( ̄ー ̄)☆

明日もこの勢いでバンバン行きますぞ!


...... 2003年 7月 21日 の日記 ......
■[ NO. 109 ]
リラクゼーション  
関東大会予選。

午前中に全てが終わる3試合のために、朝の5時半に家を出る。

と、ところが、八時半からの予定であった第一試合がなんと不戦勝!

( ゚д゚)ポカーン

我らの努力は何だったのかぃや?

第二試合、第三試合は、順調に勝つ。

さすがに、沖縄大会、関西大会準優勝、白浜大会優勝は伊達ではないのである。

第二試合は、かなり宜しくない試合内容であったが、いいモン見れたし、勝てたし、まぁいいや。



第三試合まで終わった後は、平塚に来ていた強いチームと練習試合を数試合。

こっちの方も、まぁまぁいい感じだったのでは。

DFは多少やばめだったけど、集中力の問題なので、本番では何とかなるものと、楽観していい…のかな?

ちなみに、カメラメーカーさんとの試合で、橋本さんへカバディに行った時、(結局は追いつけなかったのだが)

「君足速いねぇ」

と、橋本さんに感心された。

(;゚∀゚)=3ムッハー

白浜大会の決勝で

「俊足!」

と実況されたのは伊達ではないのです…





調子に乗り過ぎか…。

まぁでも、カメラメーカーさんと戦う時は、一回裏に抜け出されてしまうとかなりの致命傷になることは間違いないので、ビーボが誇る(俺は誇れない)フラットディフェンスで完璧に食い止めてやりましょう!



そんなこんなで、気がつくと大粒の雨がボタボタと。

これはたまらん、ということで、やや早めに切り上げてお帰り。

と、着替えている最中に、雨が止む!

どうやら通り雨だったようだ。

ちなみに自分、

これも予言してました( ̄ー ̄)☆

長年、山男として培った勘と洞察力が、「この雨は直ぐに止む」と告げたのでありました。



まぁ、そんなことはどうでもいいのだけれど、帰る途中で、すんげぇ綺麗な光景を見た。

雲の切れ間から除いた太陽が、水たまりに映っている。

空がそのまんま、完璧に水たまりの中に映っているくせに、太陽は全然まぶしくなくて、まるで満月かと思わせるような、真円。

それでいて、月には到底持ち得ない神々しさ。

本当に、マジ綺麗だった。

たいせ〜兄やんとUぽんさんの3人で見たのだけれど、あれは、マジ感動。

写真に残したかったけど、本当に美しいものは残らないもので、撮ることはかなわずじまい。

今まで、色んなところに行って、色んな感動的な光景を見たけれど、あれはそれに比べても勝るとも劣らない美しさですたよ。

そんなものが、ほんの身辺にある辺りが、世の不思議ってモンですな。



というわけで、今日はなんだかかなり気分のいい一日。

決戦前のいいリラックスが出来た!


...... 2003年 7月 22日 の日記 ......
■[ NO. 110 ]
長教習所  
朝から教習所。

昼も教習所。

夕方まで教習所。

「朝から教習所」という文句は幾度となく用いているが、夕方まで教習所で頑張ったのは初。

午前中は高速で横浜越え。

楽しみにしていたほど楽しくなかった。

というか、最近諸事情で高速教習はATに替わったのが戦犯。

踏み込むだけ。

楽勝。

ATはやっぱり猛烈に簡単だ。

んが、その分、面白味に欠けるのは仕方なし。

昼からはくだらん学科。

空き時間に物性化学のお勉強。

まだ全部で1時間くらいしか勉強していないが、ぶっちゃけ余裕。

後はドイ語をどう乗り切るか…。



教習所滞在時間7時間半を経て、4時過ぎに退所。

筋トレへ。

一応、財布の件を事務の人に聞いてみるが、やはりなかったとのこと。

まぁ、当然。

筋トレ終了後、帰宅。

ドイ語をやって寝る…

…予定。

予定は予定通りにいかないからおもしろい。


...... 2003年 7月 23日 の日記 ......
■[ NO. 111 ]
( ゚д゚)ポカーン  
練習。

終了。

サークルの皆さんとみしまへたこ焼き食いに行く。

初、東京たこ焼き!

モツモツ…





ヽ(`д´)ノウワーン こんなのたこ焼きじゃないや〜い

勿論、好みも関係してくるのでしょうが、大阪人の口には合いませぬ。

家で作るのに比べてもかなり遜色あるのでは、などと思いつつ、モツモツ食らう。

その後、教習所へ。

今日も相変わらずハードスケジュール。

5時間連続教習。

学科が主だけれど。

応急救護はめんどくさいことこの上なし。

高校でもやったので、もう、4回目くらい。

ぶっちゃけ、手順ほとんど覚えてるって。



努力の甲斐あって、ようやく後は効果測定とみきわめを残すのみ。

来週中には免許が取れそうだ( ̄ー ̄)☆

今回は効果測定何回落ちるのかなぁ〜♪



そういえば…





♪ハッピバースデ〜そ〜だぼ〜ん、ハッピバースデ〜ぼんぼ〜ん♪

今日が誕生日だなんて知りませんでしたが、おめでとうございます。

ようやく一歳近づいたと思ったら、また一歳離されましたね。

この分ではいつ追いつくコトやら…。

という、意味の分からない絡みはおいておいて、誕生日を祝うためにも、今週末の全国、勝ちましょう!


...... 2003年 7月 24日 の日記 ......
■[ NO. 112 ]
最後練  
朝から教習所。

おそらく、このフレーズを使うのも最後…

と予測しておきながら、効果測定に落ちてしまった。

予想通りだが…。

ただ、今回は30分ほど勉強した上での受講だったので、ややショック。

まぁ、電車の中での30分だったため、集中にかけてたっぽい。

どうでもいいや。



その後、学校へ。

バンブーと色々と打ち合わせ。

図書館カードを借りて、別れる。

図書館で勉強してから、練習へ。

言わずもがなのキャプテン&Uぽんさんとの最終練習。

それどころか…。

しかし、サイン練が主ということもあり、やや集中力に欠いた練習。

まぁ、本当の最後は日曜にやってくるので、そのときは今までで最高級の集中力とコンディションで臨みましょう!



練習後、シュガー・卓論・がしのと苗場で飯を食う。

どうやら、がしのも頑張っているようだ。

バイキングスに行ってしまったとはいえ、彼にも頑張ってもらいたいものだ。



さて、いよいよあと3日か。

本当に、その日で今までの一年が全て試されると思うと、胸が締め付けられるとともに、それ以上にわくわくする。

この一年は、本当に色々あったけど、でも、真剣に取り組んだ自信はある。

その全てを、見ている人全てに発表したいものだ。

そのためには、やはりコンディションは重要。

残念ながら、現在の時点では絶好調とは言い難いが、あと3日で絶好調に持って行く!

そして、悔いの残らないプレーをし、悔いの残らない結果を残す。

それがキャプテンとUぽんさんへの礼。

それが、自分のビーチフット道。

全国制覇の、最初にして最大のチャンスを、物にするための戦いは、もう始まっている。


...... 2003年 7月 25日 の日記 ......
■[ NO. 113 ]
財布生還  
善良な市民の手によって、財布生還。

さすがに現金は全部取られていたけれど。

どうやら、盗った人は、道ばたに財布を捨てたっぽい。

道ばたに捨てるくらいなら、ポケットに戻せよ!



恒例の一グラ大清掃のため、メンバー招集のMLを送る。

しばらく返信がないので、勝手に妄想に耽ってみる。

例@・上下クラ
中田、菊地、今野、松田
ベタすぎ。

例A・大穴チックに去年と同じ
そでー、近兄やん、佐川、中田
近兄やん招集が至難の業。

例B・日記ファミリー
そでー、佐川、中田、桜井
ビーボの本性がばれてしまうので、不可能

例C・立つ鳥跡を濁さず
キャプテン・Uぽんさん・百さん(?)・中田
このネタきわどすぎ。

例D・帰省組
中田・佐川・佐藤・もぎのさん(奇声)
ネタ的にはいいかも。

ん?別に自分が行かなくてもいいかな?

例E・雀組
百さん・もぎー・そりさん・長畑

などと考えていると、携帯が鳴る。

松田から。

「菊地がいいっすよ、あいつ何でも速いから役立ちますよ」

まるで俺並みの無責任発言。

他にメールが来ないので、決定。

参加者:菊地、松田、佐川、中田。

松田は自業自得。



教習所に行って、無事、効果測定に受かってから、大学へ行ってお勉強。

晩飯を生協で食べてると、キャプテン発見。

色々とお話しする。

キャプは本当に全国大会を楽しみにしているようだ。

考えてみれば、6年来の念願なんだから、それも至極当然か。

キャプほどではないにしろ、自分もすげー楽しみ。

本当に、この一年の練習はこの日のために存在したのだから。



その後、帰宅。

ふとテレビをつけると、魔女の宅急便がやっている。

見る→寝るのは12時→明日のCチームの第一試合に遅刻

というシナリオが瞬時に頭に浮かぶが、すぐに忘却され、見入る…





Σ(゚д゚)

いかん!さすがに今まで支えてくれた人たちの応援に行かんわけにはいかん!

ということで、魔女の魔法にかかりかけつつも、理性を取り戻し、さっさと用意をして寝ることに。

その前にとりあえず日記だけは書いておく。

本当は、手記も書きたいけど、やっぱ寝る。

これがおそらく全国前の最後の更新だけど、日曜には、胸を張って全国制覇を報告出来るよう、頑張って参ります!

本当に、これを読んでいるみなさん、応援してくださいね。


...... 2003年 7月 26日 の日記 ......
■[ NO. 114 ]
実は  
B,Cチームの応援のため、朝早起き。

したはずが、やや遅刻。

乗る予定だった電車に乗り遅れ、一本遅れての到着。

試合開始10分前に平塚駅に着いたため、そこからやや早足で歩く。

ビーチについてみると、案の定、試合が始まっているが、まだ前半の様。

んが、Cチームを応援している皆さんを見てみると、なんだか少ない。

Σ(゚д゚)

曽田さんがいない!遅刻だ!

「水買ったり時間知らせたりして力になりたい。」

と言っていた決意は何だったんだ!

試合は、無事Cが圧勝。

ほんとに今年のビーボ一年は巧いなぁ。



結局、この日はB、C共に順調に勝ち進み、日曜への切符を手に入れた。

明日はA、B、Cそろい踏み。

Cはさすがに全国大会に出るのは厳しいだろうけど、Bは頑張って全国出場を果たしてほしいものだ。

また、Aは悲願の全国優勝に向けて、頑張らねば。

今までひた隠しにしていたが(知ってる人は知ってたけど)、今大会で自分は引退するため、明日が自分の最後の全国大会。

全国制覇の、最初にして最後、最大のチャンスを是非ものにしたい。

そう思いながら就寝。

というのは嘘で、何にも思わずに就寝。

でも、本当に明日は優勝したい。


...... 2003年 7月 27日 の日記 ......
■[ NO. 115 ]
全国大会  
B、C共に2回戦で姿を消す。

Cチームには、助っ人で自分やそりさんらが入ったものの、やはり如水庵に勝つには荷が重かったようだ。

というか、ぶっちゃけ、ゲームの組み立てが出来なかったし、挙げ句の果てには、試合に出過ぎて疲れて抜かれてしまった。

地獄。

助っ人で入っておきながら、全然助っ人っぽいことが出来なくてごめんなさい。

でも、Cの皆さんへ。

強豪如水庵相手に、前半は7ー3と肉薄できたのは、本当に凄い。

後半は、DFの乱れもあり、離されてしまったけれど、この対戦は今後に生きる、重要な対戦だったと思う。

これを糧にして、今後頑張ってください。



Bの試合は、Cと重なっていたため、見れず。

でも、こっちも結構、惜しかったらしい。

少し偉そうだけど、今シーズン、一軍で戦ってきた感想として、強豪チームと僕たちで決定的に違う点は、経験だと思う。

強豪チームは、体力的な衰えは隠せないとはいえ、ラグビーエリートとして、大学選手権を戦い抜いてきた、その経験がある。

だから、リードされても、ビーボほどには崩れない。

その点が、決定的にビーボと異なる点だと思う。

だから、BもCも、今回は負けたとはいえ、そういう経験をいっぱい積んで、重圧に強いチームに成長していってください。

やっぱ、ラグビーという伝統あるスポーツで、トップを争ってきた人たちは、勝負強いよ。




そして、そういうチームに混じって、Aは全国の舞台へ。

一回戦、Cをぶっ倒してくれた如水庵との対戦。

Cで戦った感想で言えば、Aなら十分に勝てるはず。

しかし、結果は10ー6で惨敗。

全国制覇を目指した僕たちは、あっさりと一回戦で姿を消した。

全国の緊張からか、序盤に僕も1、2個、あり得ないミスをした。

それが直接、敗戦に結びついたことはないと思うが、しかし、そういう、個々人の少し少しのズレが積み重なって、結果として敗戦という形で現れてしまったのだろう。

戦略的にも、ややミスった気がする。

その辺りを試合中に修正していけないのも、僕たちの弱さ。

試合内容としては、かなり押していたはずなので、負けたのは、やはり、経験の差もあるか。

負けた瞬間は、本当に、何も分からなかった。

頭の中が真っ白ってやつ。

自分としては、終わった瞬間は全然悔しくはなかった。

全体的に内容はあまり良くなかったとはいえ、それがこの一年間、努力してきたことの結果なのだから。

それが、15分という、短い時間に全力で頑張った結果なのだから。

でも、

マネージャーが泣いているのを見て、

本当に、情けなくなった。

最後の最後で一軍落ちした先輩の、

へこんでいる姿を見て、

本当に、不甲斐なく思った。

試合に出た人は、自分のミスも含めて、頑張ることが出来たのだから、いい。

でも、試合に出れなかった人、普段からビーボを応援してくれた人、そういう人たちに対して、僕たちは、何も出来なかった。

ビーボAは、ビーボAだけのものではない。

ビーボAのメンバーになるということは、即ち、多くのサポーターの心を背負うということ。

だから、いくら頑張っていい試合をしたとしても、結果を残さなければ、意味はない。

ましてや、今回は、いい試合とは言えない内容。

本当に、僕は、ビーボAの一員として、何の責任も果たせなかった。

不甲斐ない。

自分の弱さを実感した、そんな一瞬。

応援に来てくれた皆さん、心の中で応援してくれた皆さん、試合に勝てなかった僕には、こう言うしかありません。

本当に、応援、どうもありがとうございました。




僕たちに勝った如水庵は、続く二回戦で、今年の日本シリーズを席巻し続けてきた虎三を撃破。

虎三も、らしくないプレーを連発して、やや自滅的な負け。

決勝は、如水庵と、去年の覇者、3連覇中のCanon。

ぶっちゃけ、見ていてもおもしろくない試合だったが、王者の意地か、Canonが見事に4連覇を果たした。

虎三、ビーボと、今年は、新しいチームが台頭した今シリーズだったが、最後はやはり、Canon、如水庵という古豪が、栄冠をもぎ取っていった。

両チーム共に、らしくない負けだったのは、やはり全国大会には、魔物が潜んでいるということか。



その後、打ち上げ。

酒は二次会からだったため、穏やかな打ち上げ。

ここで僕は、近兄やんのおもしろさに気付く。

曽田さんがはまるのも、分かる。



家に帰ってから、もやもやする気持ちを吹っ切るように熱い風呂に入って、就寝。

Beach Boysでの最後の試合を終えて、色んな気持ちが入り混じっているものの、事実は、覆らない。

来年は、絶対に、全国制覇を成し遂げて欲しいものだ。


...... 2003年 7月 28日 の日記 ......
■[ NO. 116 ]
ドゥイ語  
朝起きてから、とりあえず飯も食わずに日記の更新。

何かを書くことで、少しは昨日の試合の整理がつくかなとも思ったけど、やっぱりそんな生やさしいものではなかった。

現在は、悔しいのか、あきらめているのか、腹立っているのか、びびっているのか、よく分からない心境。

でも、これでいい。

そんな、一日で結論が出るような経験なんて、くそ。

せっかく、一年頑張って得た結果なんだから、よく考えて、よく消化して、自分の糧にしていこう。



昼から学校へ行って、お勉強。

ぶっちゃけ、ドイ語やばい…



のかどうかも分からない。

これは重症ですか?

まぁ、去年頑張った貯金もあるし、可は来るでしょう。



帰ってきてから、みんなの日記や掲示板を見る。

みんな、本当に色々と思うところがあったんだと思うけど、結果は結果として受け入れるしかない。

負けたのは、誰のせいでもないし、同時に、みんなのせいでもある。

それを受け入れて、今後に活かしていくのが、人間。





などと偉そうにはあまり言えませんが…。

でも、そういうわけで、Beach Boysに残る人たちは、本当に頑張っていって欲しいものです。

悔やむだけなら誰にでも出来る。

その悔やみを次に活かしていけるかどうかが、本当に重要なこと。




そういえば、引退の理由は述べてない。

というのは、

テストが忙しいから。

さすがに不可は洒落になんない。

ということで、テストが終わってから、HPにでもアップします。

多分、口で言えるほど、自分の中で整理がついていないんで。

ちなみに、今年の全国での引退を漠然と考え始めたのは去年の秋ぐらい。

引退を決意したのは今年の春。

予想してたことだけど、やっぱりいざ全国に出てしまうと、(そして負けてしまうと、尚更)決心というのは揺らぐもの。

しかし、それも予想の範囲で、それを鑑みても、やめようという結論に達しているので、やっぱりやめます。

まぁ、たまには遊びに行ったりすると思うので、そのときは気軽に話しかけて下さいな♪



最後に、Uぽんさんへ。

帰りに、福田光輝さん(って漢字はあってる?)に言われた言葉は、是非、Uぽん日記に書いておいてください。

自分もその通りだと思うし、そういう気持ちは本当に大事だと思うので。

よろしくお願いします。



あぁ〜、ドイ語やべ〜。


...... 2003年 7月 29日 の日記 ......
■[ NO. 117 ]
テスト  
テスト。

まずは物性化学から。

問題用紙が配られる。

ペラリ…



Σ(゚д゚)

なんだこれは!

これだと、勉強した人はみんな満点じゃないか!

いやいや、これは罠に違いない。

実は簡単そうに見えて、恐ろしく難しい問題が隠されているに違いない…





べたい引っ張りだ(´・ω・`)ショボーン

当然、そのようなこともなく、余裕の内にテスト終了。

90分のテストだったが、ほとんどの人が途中退室という、恐ろしいテスト。

自分も、勿論、途中退室しました♪



昼からはドイ語。

問題用紙が配られる。

ペラリ…



(σ・∀・)σゲッツ

やった。

自分、和訳のみに的を絞って勉強してきたのだけれど、八割方が和訳という、天国。

しかも、捨てたはずの独訳も、去年の貯金のおかげか、かなり出来た。

これは、ひょっとしたらひょっとして来たかもしれない。

優が。

まぁ、ぶっちゃけ、どうでもいいのですが…。



テストが終わってから、一旦自宅へ帰る。

帰って引退表明文を書こうかと思ったけれど、いざ書こうと思うと、筆が進まない。

謎に中指が痙攣して…



失礼しました、嘘です。

なんていうか、とりあえず、今の気持ちではとても書けない気がする。

うん、しばらくは書かないだろう。

ということで、ここで一言。

ビーチフットは、僕が生きる道ではなかった。

ビーチフットは、とてつもなく楽しいけれど。

ちなみに、ビーチフットをやめはしません。

ずっと、続けていくつもりです。

でも、それなのにビーチボーイズをやめるのは、ビーチフットは「楽しいだけ」だから。

この辺りまでは、書けるのだけど、なんとなく、これだと舌足らずだし、これ以上書いてしまうと、自分でも分からなくなる。

ということで、アップするのは、もう少し先のことになりそうです。

みんなの日記や掲示板を見ると、色々なことを書いてくれている。



と、この後に、色々と書いて、何回も書き直したのだけれど、やっぱり、うまく表現できない。

でも、嬉しかった。

みんなのを読んで、涙が出そうにもなった。

とりあえず、今、ここに書くのは、そこまでにしておこうと思う。

これ以上は、本当に、うまく表現できない。



さて、今から最後のクラコンだ。

このまま酒を飲みまくると、やばいことになると思うので、今日はあまり飲まないでいよう。

最後のクラコンのご感想。

まったりしつつも楽しかった。

やっぱり、仲のいい友達とはこれからも会うだろうけど、やや仲のいい友達とはあまり会わなくなる。

その筆頭は、やっぱりシケ長というところか。

一年間、実験パートナーだった彼は、時には自分を困らせ、時には、僕が気付かないところを鋭く指摘したりして、本当にいいパートナーだった。

というか、それ以上に、おもしろいやつだ。

彼は、この日記を見てないけれど、まぁ、彼と出会えたのは良かった。

その後、二次会的カフェへ。

誰も知らないとは思うが、自分、本当に楽しい飲み会の後は、絶対に気分が悪くなる。

別に酒に酔うからではないのだけれど、自分的には、自分の発声法に関係しているのでは、などと思っている。

なんだか、調子に乗っている時は腹から絞り出すような声の出し方をしているので、調子に乗ってしゃべりすぎると、気分が悪くなる。

今回は、久しぶりに気持ち悪くなった。

特に、二次会で。

六人で行って、一人を除くと、そこまで親友というわけではなかったけれど、ぶっちゃけ、みんな好きな人ばかり。

自分が気に入りそうな雰囲気を持っている人がいても、その人と仲良くなるとは限らない。

その辺りは、偶然と必然の関係。

でも、今回を機に、離ればなれになるとはいえ、彼らとはたまには会いたいものである。


...... 2003年 7月 30日 の日記 ......
■[ NO. 118 ]
卒検  
ついにこの日だ、卒検。

その前に、友人と諸処の打ち合わせ。

昼からいよいよの卒検。

なんでも、聞くところによると、卒検は技能のみのテストらしい…

( ̄ー ̄)☆

余裕!

自分、技能で落ちるなんて、夢にも思えませぬ!

ということで、余裕をぶっこいて受けて、余裕の内に終わったのだけれど、めちゃくちゃめんどくさかった。

運転している時間はたかだか20〜30分なのに、検定は、昼の1時半に始まって、全部終わるのが5時10分。

時間の無駄遣い。

でも、とりあえず、教習が終わったのは嬉しい。

明日早速免許取りに行ってくるかな。



その後、筋トレへ。

初めて7時頃に行ったのだけれど、やっぱり混んでたなぁ。

今日からしばらく、帰省などで行けなくなるので、念入りに。

そして、帰宅。

財布をなくして以来、現金を引き出すことが出来ないので、もの凄く、金に困って、ぶっちゃけ、飯代もやばい。

←コンパに行ったつけ。でも、おもしろかったしいいや。

と、いう話を姉にしたら、二千円くれて、

「これでなんか食べ」

だと。

ありがたや。

後光が差して見えた。

ありがた〜ありがたや〜。



そんなこんなで、今から学科のお勉強。

まじめに勉強すれば余裕…らしいので、これから少しだけまじめに勉強してみます。


...... 2003年 7月 31日 の日記 ......
■[ NO. 119 ]
立つ鳥跡を濁さず  
朝から免許を取りに試験センターへ。

やや緊張しつつも、無事試験を乗り切って、

免許(σ・∀・)σゲッツ



一度、家に帰ってから大清掃へ。

立つ鳥跡を濁さずってやつですな。

当初のメンバー予定はたいせ〜、松田、菊地、俺。

一グラについてみると、下クラ軍団(菊地、今野、松田、東野)が遊んでいる。

その隣では、たいせ〜がサッカーを。

せっかく今野が来てるんだし、たいせ〜はクラスの友達とサッカーしていることだし、急遽メンバー変更。

たいせ〜→今野

今野も快くオッケーしてくれる。

ということで、結局ベタネタ、上クラ下クラコンビで大清掃へと挑んだのでした。

この場を借りて。

今日の朝、「元グラチーとして参加しようか?」と言ってくださった曽田さん。

朝、いきなりの変更にも、快く応じてくれたたいせ〜。

どうもありがとうございました。

また、清掃に参加してくれた下クラの3人(一応東野も)、お疲れ様。

まぁ、結局誰かはやらないといけないことだと思うし、普段使っているところを一年に一回くらいは清掃するのは当たり前だと思うけど、でも、さすがにあのバケツとか片づけたのには、お疲れ様です。

松田をやや酷使したかもしれないけど、すまんっすね。

でも、自分としては、結構楽しかったっすよ。

みんなにジュースでも奢ろうかと思ったけど、現金引き出せない状態なので、自粛。

その後、みんなと別れて図書館へ。

別れ際に、

「ほんなら、お疲れ〜」

とみんなに声をかけると、帰ってきたのは

「おう!お疲れ〜」







Σ(゚д゚)



今野さんは、サークルやめるやつには敬語を使わないようで。

そりさんから「曽田君」呼ばわりされているそださんの気持ちが分かりますな…ヽ(`д´)ノウワーン

全く。



図書館で二冊ほど本を借りて、帰宅。

最近、寝不足のため、電車の中では爆睡。



さ〜て、この後10時からのビーボチャット大会が楽しみだ〜。

でも、自分は一時間ほどで寝るけどね〜〜。

inserted by FC2 system